脱毛に通う人々

私が20年くらい前に某大のアニメ部に入部したとき、先輩たちは前年度の学園祭用の短編アニメを完成し損ねてました。 
できてるとこまでを見せてもらったら、完成しなかった理由は簡単。 
彼らがバ(いやいやホントのことでも書いたらいけんこともありますわなw)だったから。 
完成しなかった理由は、部員の力量に不似合いな内容と尺だったこと、セルニアメに挑戦してたこと、女性部員の方が多いのに男性向けの作画が多かったこと、それから「長く作っているうちに飽きてくる」を計算に入れてなかったこと。 

そこで私らの年では、これ以上短くできないというとこまでコンテで詰めてから作画に入りました。 
学園祭の前日までかかってたった5分のフィルムは完成させたあの高揚感は今でも忘れられません。 

卒業してずいぶん経って、ふらりと学園祭に行ってみたら、もはやアニメ部には自主制作アニメを作るなんて技術も熱意もないと。 

ふーん。 

私が80年代アニメで最もお気に入りなのが劇場版「うる星やつら2ビューティフルドリーマー」。 
この作品は学園祭を明日に控えての喧騒シーンからはじまるのですが、実体験であの学園祭前日のトリップしたような高揚感を味わったことがなければ、あの作品の味もまた判らないのだろうなと。 

二度と来ない今を後で悔いることないように、ぜひそれを完成させてくださいね。 

あっ、でも女子はこれに出演知る人はみんな脱毛サロンに通わされるらしい。まぁ、脱毛できてうれしいって人と、学園祭ごときで肌を露出しなくてはならないから嫌だってのと賛否両論あるみたいですがまぁうまくいってくれることを祈ってますよ。