記憶力を高める睡眠、トレーニング法

記憶力が相当落ちている50代のおじさんですが、私は実は国立大学の大学院卒業。

 

高校時代はクラスで3本の指に入っていた。過去の遺産なのだが、ちょっとした記憶の達人でもあった。そんな私の経験をシェアします。

 

記憶力は根性ではつかない

 

根性論では残念ながら記憶力はアップしません。覚えろ覚えろなんて念じながら英語の単語を覚えても駄目です。

 

まず、回転の悪い脳自体を活性化させましょう。

 

そのために、

 

睡眠の前に目標をたてて、その目標分をとりあえず覚えます。うるおぼえでいいです。

 

おぼろげながらに覚えてください。例えば本日の目標は3つの英単語を覚える。でしたら、3つおぼろげで覚えてください。

 

そしてリラックスして眠ってください。

 

ここ大事です。覚えたことを、睡眠することで定着させるのです。

 

朝起きて、その目標である3つの英単語を書いてください。

 

どうです?覚えていますよね。これ、睡眠によって記憶を定着させる方法でかなり有名です。

 

あと、中途半端に勉強を終わらせる。これにより、中途半端という付箋が覚える事を手助けしてくれるのです。よく、切りのいいところまで勉強を終わらせようとする人がいますし、そのような指導者が大勢いますが、

 

キリが良いところで終わることで、忘れてしまうことが多いです。インパクトが無くなるのです。人それぞれですが私はそのように、覚えることはインパクトを付ける、つまり付箋をどこに織り込むか、これが重要と考えます。

 

何かインパクトをワザとでいいのでつけることで、記憶に印象を与えます。

 

あと、記憶と直接関係ないように思えますが、脳トレも脳を活性化させるのにいいですね。DSのソフトにもありますが、脳をマルチタスクで訓練することで普段使われていない脳の領域を使うことができます。

 

実は人の脳はすごい性能を持っている、あなたの脳も信じられないパワーをもっているかもしれません。それほど140億の細胞は未知の領域なのです。

 

世の中を見渡すと、信じられない記憶力保持者がいますよね。円周率何万ケタとか、すべての経典を諳んじるとか。

 

これら常人では考えられません。しかし同じ人間。

 

脳のパフォーマンスを最大限に引き出すとできるようになる可能性を信じてみませんか。手軽な脳トレがありました→ジニアス記憶術

 

私もパソコンでやってますが、これは記憶力上がりますよ。だってランダムに出てくる画像を必死で覚えようとする訓練ですから。

 

これをやって、睡眠するだけ。

 

睡眠の前に脳に負荷をかける。これが記憶と睡眠の関係。